UFFOが運営するフードファイター小林尊の公式blogです。
takeru-kobayashi.com

« January 2007 | メイン | March 2007 »

February 28, 2007

デビルレイズのファンフェスタ

20070228-1.jpg

開催地はトロピカーナ・フィールド(デビルレイズのホーム球場)

アメリカでは珍しく、ドームと人工芝の球場です。

20070228-2.jpg

僕は、ゲストとして、訪れたファンにサインや写真撮影、インタビューに答えたりする事になっています。

でも、参加するのは地元デビルレイズのファンがほとんど。

デビルレイズの関係者の方々は、僕の参加が決定して、とても興奮して下さっていた様子ですが、僕自身は、かなり場違いな気が・・・(汗)

朝9時から、ファンフェスタがスタートしました。

子供からお年寄りまで、僕の心配をよそに、たくさんの方がサインや写真撮影を求めて並んでくださいました。

朝の9時から17時まで、ずっとサインをかき続けました。

一度に、これだけのサインを書いたのは、初めてです。

疲れました(笑)

関係者の方には、何度か休憩をすすめて頂いたのですが、目の前に並んでくださっている方がいるのに、気軽にその場を離れる事はできないですよね。

それでも、一回のランチ休憩と、デビルレイズの選手とお会いする時間を頂きました。

20070228-3.jpg 20070228-4.jpg

選手達が、僕を知ってくれていたので、とても話しやすかったです。

住所や、連絡先などを教えてくれる選手達もいたくらいで。

たくさんのメジャーリーガーとお話しできて、とても光栄でした。

岩村さんとは、ここで初対面です。

20070228-5.jpg

最初の言葉が、「(フードファイトの)勝負は無理だから」でした(笑)

ベースボール発祥の地で、世界最高峰のメジャー・リーグに挑戦するというのに、落ち着き払っているのです。

堂々としていて、とても期待を持たせてもらえます!!

岩村さんのメジャー挑戦を心から応援したいと思います。

また、タンパベイ・デビルレイズのご活躍を期待してます。

February 25, 2007

Tampa到着

フロリダ州タンパにやって参りました!

この時期のタンパは、過ごしやすいです。

デビルレイズが、そのままキャンプをしたり、ヤンキースがキャンプ地に選ぶのも納得です。

予想通り、Tシャツと、ハーフパンツで正解です(笑)

タンパでは、まず、空港からホテルまでの道のりに、とても感動しました。

道路を挟んで左右が海。

太陽が落ちかけて、少し薄暗くなった空。

そこに、ライトアップされたかのうように、海が白くキラキラ光り輝いているんです!

18時30分過ぎだったでしょうか。

もし、タンパに訪れる事があったら、是非、是非この天国へでも行けそうな景色をご覧ください。


景色に魅了されていると、あっという間にホテルに到着しました。

車から降りると、涼しい海の香りがふわーっと漂ってきます。

ホテルからも海が見えるとは♪

もう、景色だけで胸がいっぱいになります。


ホテルでは、セントピーターズバーグタイムズ新聞の取材を受けました。

その後、迎えてくれたデビルレイズの関係者の方々や、通訳の方と食事をしました。

通訳の方は、3年ほど前に、野茂英雄選手の通訳をされた方です。

野茂選手は、日本人メジャーリーガーのパイオニア的存在です。

野茂選手のメジャー挑戦は、ポスティングやフリーエージェントによるものではありません。

日本の球団を任意引退して、実現させた自由契約です。

日本で積み上げた実績を捨てる覚悟で、まだ、誰も結果を残せていない、世界最高レベルのベースボールへ挑戦されました。

その後の、ノーヒットノーランなどの活躍は、日本人選手の大きな励みとなり、メジャーへの挑戦意欲をかきたてました。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、そんな野茂選手を僕は尊敬しています。

二人で野茂選手の話題で盛り上りました。

そして、今回、岩村明憲選手がデビルレイズと契約しましたよね。

球団のスタッフとは、岩村選手についてお話させてもらいました。

また、後日開催されるファンフェスタの話などもしながらの、楽しい夕食になりました。

February 23, 2007

アイアンマンプロ

予定されていた、堺部さん達との、ウェイト・トレーニングはできませんでした。

僕が病気だったから(汗)

行ってみたかったなぁ、ゴールドジム・ベニス。

せっかく堺部さんが誘って下さったのに。

そのかわりと言っては、非常に贅沢ですが、後日、アイアンマンプロ+フィットエキスポの観戦をご一緒させてもらいました。

今回、パサディナのシティ・ホールがアイアンマンの開催会場です。

日本人、唯一のプロボディビルダー、山岸秀匡選手も出場しました。

僕らの目的は、山岸さんを応援する事です。

20070223-1.jpg

山岸さんには、アジアのボディビルディングの牽引役として、大きなプレッシャーがあるかと思います。

選手達の控え室にお邪魔したのですが、大会前なのに、気さくに接してくださいました。

生はさらにカッコいいです。

さっき、サラッと言っちゃいましたが、控え室に入る事なんて考えられない事です。

日本の大会でもそう。

どんなに小さな大会でも、通常、控え室には入れません。

それが、いきなりアイアンマンプロの控え室!!

ドキッとしますよね(笑)

堺部さんのお力添えです。

20070223-2.jpg

というわけで、みんなで芸術的な肉体美を堪能したわけです。


我らが山岸さんは、7位でした。

これ、もの凄い事なんです!

日本人は、アイアンマンプロの舞台に立つ事すら、夢のように考えられていますから。

山岸さんは、日本が、いえ、アジアが世界に誇るボディビルダーです。


これだけの大会になると、凄い選手が会場に集まってきます。

日本人女子プロフットボール選手、鈴木弘子さんや、アメリカの相撲ナンバー1の方などにもお会いしました。

ボディビル現世界チャンピオンのジェイ・カトラー選手は、もの凄い大きかったです。

20070223-3.jpg


山岸選手とともに、会場を盛り上げたシルビオ・サミュエル選手

20070223-4.jpg

筋密度が高く、絞りこまれた素晴らしい肉体を披露してくれました。


風邪をひいてしまったというのに、楽しい思い出しか残っていません。

良い経験ができました。

堺部さんをはじめ、アイアンマンの関係者の方々、ゴールド・ジムの方々、お宮の松さんに、なかやまきんにくん、みなさん本当にありがとう。

February 22, 2007

ロングビーチの大型客船

LAでは、CM撮影の後に、いろいろな用事を済ませました。

どれも、とても重要です。

その度に、食事していました(汗)

とはいえ、メインはもちろんCM撮影ですよ。


空いた時間には、ロングビーチに行きました。

僕の泊まったハリウッドのホテルからは、わりと離れた場所にあります。

感覚的にも、車での移動は、長く感じました。

風邪のためか、車に乗ると、具合が悪くなってしまって。


そんな僕を、クイーン・マリーがお出迎えしてくれました。

20070222-1.jpg

タイタニックを彷彿とさせる、歴史のある大型客船です。

戦後は運航せず、ホテルになっているそうです。

最初、今でも動いているのかな?と思いました。

とても立派な船なのです。

中ではショーや食事も楽しめます。


そして、今日ここで、メジャーリーグ・イーター達が、フレンチフライ大会に出場するのです。

20070222-2.jpg

僕は、仲間の応援に来たのです♪

一般のお客として来たのに、会場に入る前から、何人もの人にバレてしまいました。

なんと、アナウンスで紹介されてしまったので、ゲストのように振舞う事にしました。

サイン、写真撮影にインタビュー。

コンテスト用のTシャツとエプロンも頂いたので、出場選手の時と変わりません。


おっと、試合の結果をご報告しますね。

20070222-3.jpg

優勝はジョーイです。

全員、食べづらそうで、僅差の接戦でした。

みんな、お疲れ様。


試合の観戦後、オーナーが食事を勧めて下さったので、有り難く頂きました。

僕の選んだのは、ニューヨーク・ステーキ。

脂っぽくなく、お肉の味がしっかり楽しめます。

クドくならないので、口休めの、ご飯やサラダも必要としません。

豪華客船から、穏やかな海を眺めながらのランチ。

船の旅もいいなぁ♪

February 21, 2007

CM撮影 inLA

撮影前日までベッドで寝てました。

せっかくフリーの日を頂いたのに、全部潰れました(泣)

贅沢は言えませんね。

撮影当日までに、熱と頭痛は治まったんだから。

ところが、今度は風邪の症状が喉と鼻に!

あまりに悪化すると、撮影ができなくなっちゃいます。

ドキドキしながら、最初は何箇所かで、屋外のシーンを撮影。

20070221-1.jpg
(風邪で唇が荒れてる)

良い光でしょ?

アメリカの光は、とても強くて澄んでいます。

人物や景色を綺麗にうつしてくれます。

この朝日のために、5時に起床しました。

ちなみに、LAは、雨が降らないそうです。

ですが、この時期に限っては、雨が降ります。

天候の問題から、日程がなかなか決まらなかったのかもしれませんね。


現地には、撮影用の機材などを積んだトレーラーが
10台以上。

20070221-2.jpg

衣装だけのトレーラーもありました。

大勢のスタッフもいました。


所変わって、屋内シーンは落着いた雰囲気。

20070221-3.jpg

このCMは、ストーリー性があり、演技も必要なのです。

俳優のみなさんの演技に助けられて、無事撮影が終わりました。

February 20, 2007

ウィルス君との渡米

出発の前日、ウェイトトレーングおさめをしました。

4時間ほど、ヘビーウェイトで追い込みです。

次に、帰宅して、荷物の確認をしてから、1時間半のランニングおさめ。

気持ちの整理ってところかな。

日本を発つ前の。

でも、これはやり過ぎ。


結果、風邪をひいてしまいました。

トレーニングは、体に大きなストレスを与える行為です。

直後は、免疫力がガクッと下がってしまうのです。

こなせてしまうからこそ、しっかり自制しなくちゃいけません。

それでも、バランスとタイミングに気を使って、栄養の管理をしていれば、風邪を防ぐのは難しい事ではありません。

オフ期間のため、気持ちが緩んでいました。

そこに、風邪が容赦なく襲ってきたわけです。

自分のだらしなさが、腹立たしい!

頭痛と熱に悩まされるし、眠る事もできません。

最悪のフライトです(泣)


大会ではなかったのが、不幸中の幸い。

アメリカへの旅行は、体の機能が正常に働かなくなります。

本当の時差ボケは、眠い眠くないに関係なく、脳機能が昼と夜の逆転に、すぐに対応できない事にあります。

なので、どんなに機内でしっかり睡眠をとっても、生体リズムは狂ってしまっているのです。

この状況で、大会前に病気になるのだけは避けたいのです。

あぁ、大会じゃなくて本当に良かった。

とりあえず、最悪のスタート(汗)

サンフランシスコのラウンジ↓
20070220-1.jpg

起きていても、あやしい

20070220-2.jpg


February 14, 2007

出発

最近、気候がおかしいですね。

今、本当に2月なの?ってほど、暖かい日が続きます。

LAはどうでしょうか?

写真も公開しますので、楽しみにしていてくださいね。

お楽しみに!


February 10, 2007

ロサンゼルスで

LAの件が終わってから、今月中にもう一度アメリカに渡ります。

なんの為なのかは、当日まで発表できないそうです。

申し訳ありません。

ところで、次の用事の日まで、アメリカにずっと滞在した方が、有意義だと思いませんか?

その度に、飛行機代をわざわざ出してもらうのも、申し訳ない気がするし。

長時間の移動は、僕も疲れるし。

スケジュール調整って難しいですよね。


そうそう、先日、ゴールドジムで、やっと堺部さんとお会いできました。

トレーニングもなさっていました。

タンクトップになられると、一段と凄みが増しますね(驚)

近く、LAに行く事をお話したら、なんと、堺部さんも同じ時期に仕事で行かれるんですって。

なんかワクワクします。

海外に行くと、気分がパーッと開放的になるので、いつにもましてお会いするのが楽しみです。

こりゃ、絶対時間作らないと(笑)

お会いして、LAでなにをするか?

堺部さんの頭には、なんでもすぐ浮かんできます。

http://blog.livedoor.jp/ironmanjapan/archives/50905460.html

ゴールドジム・ベニスかぁ。

なんか、新しい闘いの世界に、触れ合う機会を増やして頂けて、とても良い経験させてもらってます。

February 09, 2007

日本の恐竜

太古の地球、生物界の頂点に君臨した巨大生物がいました。

この星の歴史上、陸上で最も大きく、力のある動物。

恐竜。

20070209-1.jpg

その姿は雄大で、美しかったんだろうなぁ。

この歳になってもロマンを感じます。

名古屋に来た、スー(世界最大のTレックス)の迫力は凄かったし、ニューヨークの自然史博物館のバロサウルスの立ち姿も壮観でした。

そしてまた、恐竜にあってきました。



20070209-2.jpg

ボディビル界の恐竜、木澤大祐選手です。(ジュラシック木澤)

トレーニングを始めた頃、幸運にも木澤さんのトレーニングを間近でみる事ができました。

高重量、低回数の妥協なきトレーニングです。

まだまだ初心者だったので、「人間、鍛えれば(心身ともに)あんなに強くなれるんだ!」という事を、素直に脳にインプットする事ができました。

おかげで、僕のウェイトトレーニングでの心理的限界は、苦労もせずに、その時点から、一般のトレーニーより高い位置にスッとシフトしています。

頻繁にお会いできたのは、もう6年ほど前です。

それ以来ずっとお会いしていなかったのに、記憶は強烈に残っていました。

あのトレーニング姿は、どこか神がかり的です。

この刺激は、フードファイトのトレーニングにも、好影響でした。

というか、何事においても好影響。

叱咤激励されているような気持ちになるのです。

大げさな話じゃなくて、時おりその姿を思い出す事があります。

自分はまだ努力が足りない、まだ真剣みが欠けている、と自らを鼓舞する手助けになっています。

木澤さんは、現在日本を代表するトップビルダーです。

なかやまきんに君がものまねをする事でも有名です。

久しぶりにトレーニングを拝見させていただき、指導も仰ぐ事ができました。

いつも頭が下がる思いになります。

木澤さんのトレーニングに魅了されて、自分のトレーニングが終わった後も見ていました。

気合いが入りました。

自分も、フードファイトの世界で更に強い選手になれるように、ビシッとするぞ!!


February 07, 2007

ロサンゼルスへ

愛犬とお別れします。

深刻な話ではなく、日本を離れるからです。

試合ではありません。

今はオフなので。

筋肉も脂肪もつき過ぎなので、出場してもコテンパンでしょう。

9日に日本を出発する予定。

だったのですが、どうも12日前後っぽい。

毎度の事ながら、旅行日程がギリギリなのです(笑)

あ~ぁ、愛犬とは早めにお別れしちゃったかな。


LAはかなりのエンターテイメントな街です。

日本ではありえない規模です。

最近ご紹介した、ゴールドジムの第一号店がある場所でもあります。

そんなところで、とりあえずCM用の撮影だけしてきます。

また、いろいろ報告しますね。

それと、12月に撮影したCMは、そろそろオンエアじゃないかな?

こちらでもお伝えするつもりですが、是非NEWSで確認して下さいね。


February 03, 2007

豆まき

鬼は、いろいろな事を象徴していますよね。

災い、人間の力を超越した物事へのおそれ、心の弱い部分。

一般的には、神や仏とは対照的な存在なのかもしれないけれど、人を慎ましい気持ちにさせてくれる点では共通しているんじゃないかな。

そして、こう感じられる瞬間は、本当に大切にしないと。

特に僕は。


なにかに挑戦する際、ビジョン同様、自信は必要不可欠です。

だけど、強い自信を持つ一方で、慎ましさを失ってしまうのは問題でしょ?

自信と慎みの心・・か。

相反するとは思わないけど、簡単じゃないですよね。

いや、難しい!

まぁ、今日は節分の豆まきです。

豆まきしながら、慎ましく慎ましく。

できれば、歳の数だけ豆を食べたいけれど、ミリンとパクチーが(涙)

おっ!自分の確保♪