UFFOが運営するフードファイター小林尊の公式blogです。
takeru-kobayashi.com

« Meals from October 2011 Part 2 | メイン | Maika's birthday »

スーパーのチーズセクション

専門店に行かなくても、チーズがよりどりみどり、というのが、こちらの一般的なスーパー。

日本より断然安くて美味しいものが手に入ります。

考えてみると、NYにきてから、チーズを食べる機会がとても多くなった事に気づきます。

この前フランス人の友達のハウスパーティーで、美味しいチーズを何種類も食べました。

その時感じたのは、日本でも、スーパーやコンビニでいろいろなチーズが置かれると、食の幅がとても広がるんだろうな、という事。

「好きじゃなければ食べなくて大丈夫だよ、日本人は基本的にチーズがあまり好きじゃないでしょ?」と言われました。

給食で出てくるのも、スーパーやコンビニのチーズセクションのシェアのほとんどをしめるのも、プロセスチーズ。

普通のチーズがポピュラーにならないのは、確かに、一般的に日本人が、そういったチーズをよく知らないからか、嫌いだから食べないからか、じゃないかなぁと思う。

10312011-2.jpg

10312011-1.jpg
反対側のコーナーもチーズ。

このスーパーは売り場面積の割りにチーズセクションが広い。