UFFOが運営するフードファイター小林尊の公式blogです。
takeru-kobayashi.com

メイン

April 28, 2015

映画撮影中 

Behind the scene photos for a movie that I will appear on.   舞台裏
1538701_978169515541043_5975883107954204286_n.png
11196345_978170508874277_3084767713209989881_n.png
11174908_978170575540937_7601309948196325631_n.png

August 27, 2014

"My Lunch With Kobayashi"

10592956_836534493037880_5682968234676972907_n.jpg
AUGUST 30TH, SATURDAY, 11:45AM "My Lunch With Kobayashi"!

I will be at The Cinefamily LA Premiere with directors, Barry Rothbart and Jeff Cerulli- for the new documentary, "HUNGRY", for an in depth Q & A.

http://www.cinefamily.org

http://www.laweekly.com/los-angeles/my-lunch-with-kobayashi/Event?oid=5025385

June 24, 2014

HUNGRY is Now Available!

You'll understand why many great eaters have suffered and continued to leave the Nathan's hot dog contest.

You can watch it at home, while munching on something!
Find it on: amazon, itunes, Vudu, xbox, playstation network.. & a few others (soon on hulu)

http://www.amazon.com/Hungry-Takeru-Kobayashi/dp/B00L9FQEXW/ref=sr_1_34?s=movies-tv&ie=UTF8&qid=1403650690&sr=1-34

https://itunes.apple.com/us/movie/hungry/id889388454 http://www.vudu.com/movies/#!content/545066/Hungry

hope you will enjoy it!

映画ハングリー配信開始。
僕がアメリカに来たばかりの頃に撮影が始まったドキュメンタリー。思えば来た当初が一番ドラマティックだった。
アマゾン、iTunesなどでご覧いただけます。

June 16, 2014

Hungry! coming soon

Hungry, the movie about competitive eating that I'm in will be available on iTunes, Hulu, Video on Demand and several other platforms starting from the 24th!

出演したドキュメンタリー映画ハングリー
今月24日から、iTunes、Hulu、Video on Demand、他いくつかのプラットフォームよりご覧頂けるようになります。

アメリカにあるフードファイト団体から離反した選手たちを中心に、アメリカのフードファイトの世界を楽しめると思います。

近年、アメリカでは団体に所属するとほとんどの権利は団体のものになってしまい、基本的に賞金以外の収入は得られないようになっています(しかも大会の旅費は実費)。強い選手、人気の選手などは団体に所属するメリットがほとんどありません。そのため、最近はトップ選手たちが団体から離れたり、強い選手が最初から団体に所属しない道を選択したりするなど、インディペンデントに活動する選手が増えています。

僕が団体を見限ったのは、団体の要求が理不尽になり過ぎてきていた時で、後をおうように、いい選手たちが独立し始めています。
この映画は、そのフードファイトシーンを変わり始めから追ったドキュメンタリーです。

メジャーリーグ・イーティングや、そこから脱落した選手が立ち上げたオール・プロ・イーティングなど、どの団体の選手も、フードファイトだけの収入では生活できないので、別に仕事を持っています。賞金以外の収入の目処がついた場合、団体から独立してプロになるのが最近の流れとなっています。

この映画がリリースされて、さらにマーケットが活性化されて、勝負としてはこれからもっと厳しい環境になってくるかもしれない。


Hungry1.jpg

Hungry2.jpg

April 10, 2014

film shoot

P1080570.jpg

映画の撮影 以前出演したドキュメンタリー映画とはかなり内容の違うものになりそう。
このシーンが使われるかはわからないけど。

November 15, 2013

Big Morning Buzz Live With Carrie Keagan on VH1

554705_616482681743631_250285758_n.jpg
Was on VH1 Big Morning Buzz this morning to promote HUNGRY!
http://www.vh1.com/video/misc/979244/takeru-kobayashi-downs-dogs-in-times-square-with-rob-shuter.jhtml#id=1717531


having a latte break after the show
1003920_691771407514190_360143201_n.jpg

November 09, 2013

World Premiere of HUNGRY

Hungry-Key-Image-Photo-by-Ramy-Romany-580x300.jpg

1465141_685074134850584_865491497_n.jpg

Friday, Nov.15 at IFC center in NYC
I'm in the movie!

Please check this out for more information.
http://www.docnyc.net/film/hungry/#.Un6U36Uw22y

hope to see you there.
出演した映画のプレミア。
アメリカへ引っ越して間もない頃からのドキュメンタリー。

October 09, 2013

New movie coming out, Hungry!

New movie coming out, Hungry.jpg

March 29, 2009

寿司大会 in蘇州 試合前

嫌いな物はありません。

白子さえでてこなければ。

好きでも自分の能力を十分にいかす事のできない食べ物も多くあります。

味に関する好き嫌いはほとんど問題にならないわけです。


サーモンは脂がのったもののほうが、食べやすいはずです。

20分間の試合時間は、通常より長めですが短いよりは肉体的な負担が少ないです。

試合時間が長く設定された理由もそこにあるようです。

二日連続で試合するのはラスベガスで開催されたUSオープン以来5年ぶりです。


次の更新では、良い報告をしたいと思ってます!

頑張ります。

May 27, 2008

ミスト 魔法にかけられて

「ミスト」
20080527-1.jpg

原作はスティーヴン・キング。

彼の作品で映画化されたものには、「Stand by Me」や「ショーシャンクの空に」、「グリーンマイル」など大好きな映画があります。

なんと今回の「ミスト」は「ショーシャンクの空に」や「グリーンマイル」と監督が一緒。

観ないわけにはいきません。

ある日、突然霧が平和な町を襲います。

霧に包まれた人々は、その先で起きている正体の分からない異変に気づき怯え、混乱します。


さすがホラー作家です。

恐怖に対する緻密な心理変化の表現。

映画を観ている客観的な立場の人からすれば、不快になるような行動をとる人間も出てくるわけですが、それがいかにも恐怖を前にした人間っぽい気がして見ごたえあります。


人々の異常に見える行動ですが、それこそが本質的な部分のような・・・。

もし、映画の登場人物がすべて子供だったら、どんな行動をとるのか気になりました。

人格の核となる部分は幼少期に形成されてる気がするので、大差はないような気がするのです。

恐怖を前に化けの皮(心の表層部)がはがれた大人達との間には。

大人達にしてみれば、卒業したと思っていたはずの自分の幼さがこんな時にでてきたりするのかもしれません。

でも守るものがいる、愛のある大人(人間)は素晴らしい。

これもまた人の本質かと思うととても感動します。


でもラストは予想がだいたい的中しながら良い気がしません。

期待通りではない予想通りで、展開が進むにつれて複雑な気分。

これもスティーヴン・キングの上手さなのかな?


それとは逆に、ラストが読めても楽しめる映画もあります。

ディズニー映画です。

観てきたのは、


「魔法にかけられて」
20080527-2.jpg


そこはファンタジーの世界。

王子との結婚式を前にしたプリンセスでしたが、王子の母親になりすましていた魔女に騙され、現実の世界へと追い出されてしまいます。

二つの世界のギャップが面白いです。

さすがディズニーがいざなう世界。

大人も子供もありません。

愛、ユーモア、夢、勇気、冒険・・・みんなを元気に、幸せにしてくれる要素が詰まっています。

とっても良かったですよ。

映画館で観て間もないのですが、機内上映もされていたのでつい観てしまいました♪

March 26, 2008

My Blueberry Nights

映画はニューヨークのコニーアイランドから始まるのですが、自分がコニーアイランドの住民になったような気がします。

ホットドッグ世界大会が同じ場所でやるわけですが、それはあまり関係ありません。

多くの人が似たような印象を持つんじゃないかなぁと思います。

まるで、その場で生まれた雰囲気を、そのままスクリーンに落としているかのよう。

なんていうか、そこにうつっている人も物も、全てがみずみずしくて。

ドキュメンタリーよりも、現場を見ているような感じで引き込まれます。

それでいてスタイリッシュ!

王 家衛(Wong Kawai)監督は脚本にも関わっているらしくて、驚きます。

クオリティの高い映画を期待されている監督が、他国の文化を作品にするのは、すごい挑戦です。


「魔法にかけられて」も少し前に観てきました。

こちらもいずれ。

March 01, 2008

ライラの冒険 黄金の羅針盤

20080301-1.jpg

舞台は、地球?

でも、ちょっと違う!?

そんな場所が、ライラのいる世界。

現実の世界をにおわせながら、物語の中に引き込んでくれるのです。


人間には、ダイモン(動物の姿の守護霊)がついているのですが、ポケモンみたいでかなりかわいいです。
(自分のダイモンを想像して楽しんでみてください)


ライラ(主人公)の仲間、よろい熊のイオレク・バーニソンは、ちょっと頼りない所もあるけれど、勇気とプライドがかっこいい!


人間とダイモンとの絆、イオレク・バーニソン以外にも、個性的で頼もしい仲間達との出会いや友情など、楽しみがたくさんあってかなり良かったです。

とにかく、ライラは活発な女の子なので、繰り広げる冒険は、かなり手に汗握りますよ。

制作費250億円(ファンタジー映画最大らしい)と、力が入った作品なので、その迫力を映画で!!


December 27, 2007

かつてない壮大なドキュメンタリー

現在、人間の活動によって、地球は猛烈なスピードで、輝きを失っています。

30年?20年?10年?

今の美しさをいつまで保てるのでしょう。

想像した事はありますか?

僕らの前から、次々と姿を消してしまっている、罪のない動物達の事は?

20071227-1.jpg

地球を追ったドキュメンタリー映画「earth」(通常の公開は1月初旬から)

まさに、大スクリーンでみるために作られた映画!!

地球の素晴らしさに感動します。

本当に本当に!息を飲む美しさです。

そして、すべてのいのちの源・・・

この惑星の素晴らしさを感じるほど、僕たち人類の愚かさが浮かび上がってくるようで、後ろめたくて、辛くもなります。


地球と、そこに生まれた動植物から伝わってくる気がします。

生きることの意味。

理解する必要なんてないのかもしれないけれど、

大自然の中で、ただあるがままに生きる動物達は、考えなくてもわかっているのかもしれません。

僕らには知り得ない何かを。




壮大な地球の物語、映画館で観る事ができて良かったです。

そこには、真の感動があります。
(不都合な真実も一緒に観るとさらに良いですよ)

December 07, 2007

I am Legend

20071207-1.jpg

I went and saw it, so here are my thoughts!

Ten years after the conception of this movie, it is Will Smith who takes the lead role of Robert Neville.

The situation can only be described as the brink of the end of the world, and the sole surviving man has to fight battles of various natures.

Solitude, despair, a sense of mission…

I get the feeling that in a situation like this human beings aren’t capable of maintaining a normal mental state, whether they are overcome by fear, turn to violence or otherwise.

I was really drawn in by Will Smith’s expressions of emotion.

How would I behave if it was me in that situation?

Just imagining makes me feel on the verge of panic!

In the movie, on top of everything else, something terrifying beyond imagination is waiting for Robert Neville… Something that I personally am not too fond of either to say the least – to the extent that for a moment I thought I was going to yell out in the middle of the theatre!

The emotive scene with Robert Neville’s partner, his dog Sam, was unforgettable too.

If you have a chance to see this, by all means go and enjoy watching this man survive and become a legend!

By the way, before the film there was an introductory message, and it mentioned that ten years ago, when the original idea was conceived, they had Arnold Schwarzenegger in mind for the part of Robert Neville. It’s interesting to image how the film would have worked (from a technical perspective, for example) if it had been made back then.





I am Legend


行ってきました!

20071207-2.jpg

構想から10年、ロバート・ネビルを演じるのはウィル・スミス。

人類絶滅かと思われる中、生き残った男は、たった一人でいろいろな事と闘わなくてはいけません。

孤独感、絶望感、使命感

こういった状況下で、人間は、怯えたり、暴力的になったりと、とにかく正常な精神状態ではいられない気がします。

ウィル・スミスの感情表現に見入ってしまいました。

自分なら、どんな行動をとるのかな?

考えただけで、パニックになりそうです。

さらに、予想していなかった恐怖も待ち構えていているし・・・。

もともと苦手としているので、悲鳴がでそうでした(汗)


愛犬サム(ロバート・ネビルパートナー)との涙を誘うシーンも印象的です。


観られる方は、伝説となった男の、生き抜く姿を楽しんでください。


ちなみに、上映挨拶での話では、10年前、主人公ロバート・ネビル役はアーノルド・シュワルツェネッガーで考えていたそうです。

(技術的な事も含めて)、もしその当時だったら、と想像してみるのも面白いです。


January 27, 2007

幸せのちから

20070127.jpg

(注)あらすじがわかってしまう感想です↓


主人公はしがないセールスマンのクリス・ガードナー。

仕事がうまくいかず、共働きの奥さんも家を出て行ってしまい、ホームレスになってしまいます。

それでも彼の心は折れませんでした。

お金がない状態でありながら、無給の研修員の道を選びます。

その一流証券会社の厳しい審査で採用されるのは一人だけ。

たった一人の小さい息子の笑顔を守るため、幸せを掴むため、闘いに挑んでいくのです。

どんな逆境でも変わらない子供への愛、自分らしい考え方や感じ方を否定しない精神力。

子供を大切に思いながらも、子供に依存した人生に変わっていかないのが素敵でした。

この映画は、あらゆる障害も、心の潤いに変えられそうな気持ちにさせてくれます。

実話をもとにした、全財産21ドルからの父子の感動復活劇!

今日より全国ロードショーです。

みなさん、幸せな気持ちはいかが?

December 14, 2006

シャーロットのおくりもの

20061214.jpg

とても有名だっていう原作を読んだ事がありません。

でも、寒い日にホカホカな気持ちになれそうな予感。

ダコタ・ファニングが出演していると、いつも間違いがない気がするし。

というわけで、ちょっと早めに、「シャーロットのおくりもの」を観て来ました。

吹き替えになっちゃってたのが残念。

でも、たぶん子供たちへの配慮です。

物語では自然な生と死をとりあげています。

ドロドロするわけでもなく、かといって、非現実的過ぎない自然な生と死。

それでも、残酷だと感じてしまう事ってありますよね。


子供の時は特に・・・。


小さい頃、蜘蛛の巣に引っかかっていた蝶を助けてあげようとした事があります。

巣に絡まって、もがいている蝶が可哀相で我慢できなかったのです。

そんな僕に姉が言いました。

「蜘蛛はどうやって生きていくの?蜘蛛の気持ちは考えてあげられないの?」

僕は何もできなくなって泣きました。

あの時の場面がシンクロしました。

命の平等さ、素晴らしさを教えてくれる感動の物語です。

たくさんの人達が観てくれるといいなぁって思います。


競技と生き物の命について責められるといつでもとても辛いです。

November 12, 2006

The Devil Wears Prada

「プラダを着た悪魔」を観てきました。(11/18 ロードショー)

20061112.jpg

モード誌業界の裏側を描いたファッショナブルな映画です。
(原作はベストセラー)

「SEX AND THE CITY」の監督と衣装担当の方という事で、それだけで期待しちゃいませんか?
 

周りを見渡すと、女性、女性、女性。

会場は女性ばかりですよって言われていたんですよね(笑)

映画で中心的だったのが、恋とファッション(ブランドのアイテム続々登場)と仕事。

女性が多いのもうなづけました。


個人的にはメリル・ストリープの貫禄の演技や、アン・ハサウェイの変身振りが楽しめました。

ニューヨークが舞台なので、見慣れた街並みに、親近感が湧いたりもしました。

緩ーく軽ーく楽しめると思います。

That's all !!




問題ない(と思われる)程度に内容紹介

続きを読む "The Devil Wears Prada" »